TA_LOG

TA-LOG

理想の在宅ワーク環境づくり

WEB会議の質を上げる LOGICOOL STREAMCAM G980GR

在宅ワークが定着化し、これから主業務は自宅での作業となります。
ビデオ会議の「質」を上げるべく、ロジクール StreamCam C980GR」を購入
少し使ったのでレビューしてみます。

LOGICOOL STREAMCAM C980GR

■商品仕様■
  • フルHD
  • 60fps
  • オートフォーカス(10cm~無限)
  • インテリジェントな露出システム
  • f/2.0-焦点距離3.7mm
  • 視野:78°
  • デュアル無指向性マイク(ノイズリダクションフィルター搭載)

これ以上のWebカメラは無いほどの全部盛り。
Web会議には「持て余すスペック」
ストリーマー、Vlog等の動画撮影者向け、というのも納得です。

本体

■ポイント■
UBS-C 接続のみ。本体からケーブルを外す事が出来ない仕様です。
本体サイズは58 x 48 x 66mm 重量は150g
USBケーブルは1.5m/USB-C 3.1
 

本体以外

■ポイント■
  • モニターマウント
  • ユニバーサルモニターマウント
  • 書類(説明書・保証書・保障規定)等

モニターマウント

モニターマウントがかなり優秀な作りです。角度調整が横だけではなく、上下も可能。
良いアングルで固定できます。

モニターへの装着感

■ポイント■
ウルトラワイド湾曲モニターから、macbookpro、iPadまで幅広いサイズでマウント出来ます。安定感も良い

ユニバーサルモニターマウント

本体に三脚ネジ穴が開いていないのと、単品購入できない一品です。

モニタの下側に設置

■ポイント■
車載カメラ用のカメラマウントをモニタ裏に貼り付け、
ユニバーサルマウントに設置すると便利です。
モニターライトとの干渉も無く、自然なアイレベルになります。

SmallRig等を使わずとも、がっちり固定してくれているのでかなり満足です。
ボールヘッド運台を付けるとアングルの自由度が上がりそうです。

マイク性能も良い

■ポイント■
普通に使えるレベルではあるモノの、やはり籠ったような音です。
ノイズキャンセリングが結構効きます。

Logicool Captureでさらに便利に

 

■ポイント■

自動フレーミングiPadなどにも搭載されていますが、
iPadの方が自然にフレーミングしてくれます。

画質

適当に撮ってみましたが、Webカメラにしては良い感じだと思います。
白っぽくなってるのは「撮影環境」の問題です。

■まとめ■

今まで、iPad + AirPods Pro でWeb会議をやってきましたが、
この組み合わせも画質、音質ともに最高の環境だと思います。
が、すでに2年程度環境を変えて無いので「飽きました」

この先も在宅ワークが続きそうなので、カメラとマイクを少し充実させてみては
いかがでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ガジェットランキング