TA_LOG

TA-LOG

理想の在宅ワーク環境づくり

final E500 カナル型イヤホン 買う価値がある良いイヤホンだった

final E500 VR/ASMR専用イヤホンを購入してみました。
VR/ASMRだけではなく、純粋に音質が素晴らしいイヤホンでした。

final E500 カナル型 イヤホン【VR/ASMR 360 オーディオ推奨】

■商品仕様■
  • 価格:2000円
  • ドライバー:6.4mmφ ダイナミック型
  • 感度:98db
  • インピーダンス:16Ω
  • コード長さ:1.2m

音響工学音響心理学、空間音響学に基づいた音作り】という「ストーリー」と
Amazonアウトレットで1700円程度となると、即買いです。

finalについて

final-inc.com

技術的な質の高さと、エントリーからハイエンドモデルまで手掛ける

神奈川県川崎市にある、イヤホン、ヘッドホンブランド。

イヤホン界隈では知名度抜群の国産メーカーです。
いずれ欲しいと思っていました。
今回はfinalの中でも一番安いエントリーモデルを購入しました。

外装

超シンプル。
製品にのみコストをかけるという「final」というブランドらしいコンセプトです。

内容物

■内容物■
  • イヤホン本体
  • イヤーピース(SS/S/M/L/LL)
  • 保証書

限界までコストカットしつつ、イヤーピースが5種類あるのは地味に嬉しい。
イヤホン本体だけ包装されていて、これも良い感じです。

イヤーピース

■ポイント■

オリジナルイヤーピース

音導管部分と耳に触れる部分で高度が異なるシリコンを使用
快適な付け心地と高い遮音性を実現しました

「音導管」という言葉を初めて聞きましたが、中心は硬く、外は柔らかい。

機能だけでなく、左右で軸色を変えるというこだわりぶりですが、

装着するとほぼ見えないのでわからないです。

ウレタンフォームと比較してみる

■ポイント■
ウレタンフォームにすると遮音性が高くなり、装着感が快適になるのが
イヤホン界隈での定説ですが、比較すると分かる程度に
「オリジナルイヤーピース」の方が快適でした。

イヤホン本体

簡易包装されてます。

 

■ポイント■
ドライバユニットモリモリのイヤホンに比べてすごい小さくて可愛らしいです。
小さくL/Rと書いてあるので、分かり難くはありますがミニマルなデザイン

■イマイチポイント■
全体的には良い製品ですが、ケーブルと本体接続部が貧弱な印象でした。
断線しそうで怖い。

断線補強

断線補強の為に、マスキングテープを巻きましたが、結局外しました。
日を改めて、しっかりと断線補強します。

タッチノイズ対策

イヤホン独特のものですが、「ケーブルが擦れた音が聞こえる」というやつです。
物理的にケーブルと肌が触れる事で発生します。
シンプルに「ケーブルのあそびを減らす」のが一番なので、L,Rの分岐部分のスライダー
を上げればほぼ解決します。

VR【バイノーラルサウンド】を聞いてみる


www.youtube.com

地味に初体験でしたが、
360°しっかりと聞こえて、はっきりと位置が分かります。
距離も分かる…すげぇ

とはいえ、苦手でした。

BOSE QuietComfort 35 series IIと比べてみる

価格差20倍のBoseのヘッドホンと比較しましたが、
final E500の方が「音の位置、距離、圧」をしっかりと感じ取れます。

USB-DAC【Fiio K3ES】と組み合わせると更に良い

簡単に音質がぶちあがる素敵なDAC。いずれ、長期レビュー出します。

Hi-Res音源を試す

マーラー:交響曲 第1番 「巨人」 第3楽章【聴き比べ用無料サンプル音源】 - ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】

Music Center for PC上からHiRes音源を視聴しましたが、音楽鑑賞にも最適でした。

結論

もうイヤホンは「final」を買っておけば良いと思えます。

  • 音の位置が明瞭
  • 音質はフラット
  • コスパが圧倒的に良い
  • ASMRは苦手だった
  • フォートナイト等のゲームにも最適

「2000円という価格なり」でも良いかと思ってましたが、

圧倒的に「音質」が良く、個人的に好みでした。

いずれ、final A4000まで上げたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ガジェットランキング