TA_LOG

TA-LOG

理想の在宅ワーク環境づくり

  • X-Layout/X-Arm
    X-Layout/X-Arm

【ガジェットの極み】DMM.makeでオリジナルパーツを3Dプリント発注してみた

DMM.makeの3Dプリントサービスを利用して、理想のパーツを作ってみようと思います
3Dmodelを自作しても良いのですが、面倒なので今回はダウンロードしたデータです。

DMM.make

DMM.make モノづくりのためのプラットフォーム

気軽に3Dプリントが出来るので、オリジナルのパーツを発注してみます。

登録から、見積りまでの流れ

ご利用の流れ - DMM.make 3Dプリント 
 
■登録までの流れ■
1.利用登録
2.モデルデータのアップロード
3.見積メールの到着
4.素材を選んで発注

プリントするだけなら、これ以上ないほどに簡単です。

利用登録

GoogleでSSO登録した方が何かと早いですね。
私もこれでアカウント登録しました。

モデルデータのアップロード

■ポイント■

色なし3Dデータの対応形式
3Dデータ:STL、3MF、OBJ、3DS、STEP、IGES、PLY、VRML・WRML形式
寸法単位:ミリ(mm)


フルカラーの対応形式
3Dデータ:3MF、OBJ、PLY、VRML・WRML(.wrl)形式

寸法単位:ミリ(mm)

カラー/テクスチャ:(.png / .jpg / .bmp / .mtl / .tif)


データ容量:100MB

Fusion360等のCADソフトだけでなく、Blender等の3DCGソフトからもSTL,OBJあたりは書き出せるし、フィギュア作るならZbrushで作るのも良いかもしれないですね。

アップロードから見積まで

■良かったポイント■
単純なメッシュの場合、すぐに見積もりがきます。とにかく早い。
素材別の料金表もメールに記載されているので便利ですね。

今回依頼したモデル

Thingiverse - Digital Designs for Physical Objects

海外のサイトでモデルを入手しました。
ライセンスを見る限り、非営利、クレジットが必要との事ですね。

created:Cute Kuuh

Philips Hue light bar用のカメラマウンターです。考えた人天才。
ケーブルを通すところまで作ってあるなんて…すげぇ。
間接照明にするだけでなく、「Web会議用のライト」にも使おうという魂胆です。

■ポイント■
Philips Hue Light barに組み付けるネジ穴が「M3」
カメラマウントのネジ穴が「1/4」
M3→1/4変換ネジは無い。付属のパーツには穴を開けたくはない。
金属プレートで無理やり組付けは出来ましたが、不格好過ぎる。
これは自作しかない…

注文

■料金/素材■
種類:エコノミーレジン/Resin ABSライク
料金:841円
送料:無料
納期:10日~20日

サイズが38mm x 22mm x 50mmという事もあり格安です。
100mmを超えると値段が倍に跳ね上がるので、小さいパーツなら使い勝手が良さそう。

追記

DMM 3Dプリントセンターから、一部造形のサイズに問題があり、破損の可能性があります、との事でした。

出力する前に知らせてくれるのは本当に良いですね。
実験も兼ねているので、そのままプリント依頼しました。
これで、正式に注文完了のようです。

結論

■良かったポイント■
市販されていない自作のパーツが簡単に作成できる
Web上に無数に3Dデータがある
 
■イマイチポイント■
お値段が高い
納期までの時間が長い
 
■まとめ■
試しに一つだけ発注してみたので、強度、品質等届き次第見てみたいと思います。