TA_LOG

TA-LOG

理想のデスク環境を追い求めています

SENNHEISER HD598SRが日常使い最強説

SENNHEISER HD598SR 長期使用レビュー

青空太郎です。

リモートワークなので、有線で充電の必要もなく、装着感の良いものを探した所、

コスパに優れた、最高の開放型(オープン型)ヘッドホン

SENNHEISER HD598SRとなりました。

「これで良い」の一言につきます。さすがamazon平均4.2のヘッドホン

ライトな付け心地の「開放型」が個人的にはお勧めです。

ゼンハイザー HD 598 SR

HD 598の伝説を継承するスペシャルモデル

こういうストーリーがあるの良いですよね。

商品仕様

ゼンハイザー伝統の開放型

ゼンハイザーオリジナルトランスデューサー

3mの着脱可能なオーディオケーブル

交換用に1.2mインラインコントローラー搭載ケーブル付属

該当商品は個別箱での発送となりますので、予めご了承ください。

周波数特性 : 12~38,500Hz

インピーダンス : 50Ω

音圧レベル : 112dB

質量 : 約246g(ケーブル重量除く)

接続ケーブル : ケーブル長3.0m(片だし)、6.3mmステレオ標準プラグ(ストレート型)

仕様面でも、人の可聴範囲以上に周波数出てますね。

ここが良い

付けているのを忘れる

大きめのイヤーカップの大きさが絶妙で、ヘッドホンを付けているのを忘れるほどです。

ベロア調のイヤーカップも熱が籠りにくく、長時間付けていても痛くなったり、蒸れる事も無く非常に快適です。

頭の大きい人や耳の大きい人にはさらにお勧め出来ます。

開放型の魅力

「素直な音作り」なので、聞いていて疲れる事もなければ、迫力が無いという事もない。ニュートラルな音質で、どの音楽にも合います。

開放型なので、物理的に側面が開いているので、適度に周囲の音が聞こえて、とてつもなく自然。ハウジング内の変な反響も無く、音質面でも満足しています。

ゼンハイザーが開発した、SYS 38トランスデューサは、アルミニウムボイスコイルを採用。高効率で低音から高音まで歪みの少ない音楽再生を実現しています。ジャンルを選ばず、様々な音楽で素晴らしい体験を提供します。

そうだと思うよ!

手入れもシンプル

掃除しやすいかも大事。

「ベロア」という性質上、埃がつきやすかったり、汚れが付いたりするので、日常の手入れには、粘着カーペットクリーナーでコロコロすると表面の埃は取れます。

取り外しも簡単で、爪でイヤーカップが引っ掛かっているだけなので、引っ張れば取れます。外したイヤーカップもそのまま洗えるので衛生的ですね。

ケーブルが着脱式

差し込んで捻ると固定されます。

ケーブルの調子が悪くなれば買い替えれば良いので、長く使えますね。

予備でもう一本買ってあります。

ゲームに良い

音楽を聴く、動画を見る以外にも、ゲームをする時も良い感じに音が聞こえます。

ニュートラルな音作りなので、FPSであれば足音の聞き分けがし易いですね。

純正のケーブルが「4極」なので、マイクも使えます。

音質はケーブルの質によります。

結論

  1. 付け心地を重視
  2. 味付けのないニュートラルな音質
  3. コスパも良い
  4. 不満点がない

というヘッドホンで、今のところ有線ヘッドホン最強。

シンプルですが、「こだわり」を感じるデザインに飽きないですね。

BOSE QC35Ⅱもありますが、こっちは集中する時のみ使用します。

日常使いはHD598SRに手が伸びますね。

使い分けると、QC35はやや窮屈。HD598SRはとにかく楽。

コスト面では、amazonでも中古であれば、大体10000円前半ぐらいから出回ってます。

HD599SEもアマゾンプライムデー等のセールタイミングを狙うと新品で12000円のようですね。

 

と、そんなところです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ガジェットランキング